logo

セブン−イレブン、全国でバーコード決済が利用できない状態に--宅急便なども対象

山川晶之 (編集部)2020年06月25日 17時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セブン-イレブンは6月25日、バーコード決済サービスをはじめとした、一部のサービスが利用できない不具合が発生していると発表した。

キャプション
自宅近くのセブン−イレブンでは、レジの張り紙で告知していた。このとき財布を持っておらず、「iD」で支払いを済ませることができた

 対象は、「PayPay」や「LINE Pay」といった各種バーコード決済サービス、宅急便(メルカリ便などを含む)、「ゆめか」「Sポイント」といった一部地域限定電子マネー、「Google Play」「WebMoney」「BitCash」といった一部プリペイドカードの販売、現金受取サービスなど一部セブン銀行ATMに関するサービス。

 25日12時過ぎより全国のセブン−イレブン(2万930店舗)でシステムに不具合が発生。同社によると原因は調査中であり、上記のサービス以外にも一部で利用できない可能性があるという。

 なお、筆者が都内のセブン-イレブン店舗で確認したところ、17時時点でも依然復旧していなかったものの、「iD」などバーコードを使わないスマートフォン決済サービスは利用できた。

【6月25日20時00分追記】

 セブン−イレブンによると、17時15分ごろに全面復旧したと発表。トラブル発生の原因は、ネットワーク設定の不備により引き起こされたもので、原因箇所の設定変更により不具合は解消されたとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]