logo

ヤマハ、音大入試のピアノ実技を遠隔で--自動演奏機能付きピアノ「Disklavier」活用

加納恵 (編集部)2020年06月18日 15時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは6月17日、自動演奏機能付きピアノ「Disklavier(ディスクラビア)」を使って、フライブルク音楽大学の「リモート入試」に協力したと発表した。ドイツと日本、中国をインターネットで接続し、遠隔地からでもピアノ演奏の実技試験を受けられるようにした。

受験会場の様子(日本)
受験会場の様子(日本)
ドイツ・フライブルク音楽大学でのリモート入学試験の様子
ドイツ・フライブルク音楽大学でのリモート入学試験の様子

 フライブルク音楽大学では、例年6月に入学試験を実施しており、世界各地から受験者が訪れ器楽演奏等の実技を含む試験に挑む。しかし今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、外国人が現地で受験することが難しい状況。そこで、ピアノ演奏の実技試験が可能になるリモート入学試験を導入したという。

 Disklavierは、独自の高精度デジタル制御システムによって繊細な鍵盤タッチやペダルの動きを極めて正確に再現できる自動演奏機能を搭載したハイブリッドピアノ。日本のヤマハホール(東京都中央区銀座)、中国のヤマハ現地法人オフィス(上海)とドイツのフライブルク音楽大学に設置した「Disklavier」をそれぞれネットワークで接続して、日本と中国での受験者による演奏を、遠く離れたドイツのピアノで忠実に再現。演奏したとおりの鍵盤やペダルの繊細な動きを、離れた場所にあるピアノで正確にかつほぼリアルタイムに再現したという。

システムのイメージ
システムのイメージ

 受験には、日本で2名、中国で1名が遠隔地から参加。ヤマハでは、離れた場所でも同じ演奏体験を共有できる自動演奏技術のさらなる活用を通じて、社会環境や地理的な制約による機会損失などの課題に対するソリューションを提案していきたいとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]