logo

5月のスマホゲーム売上げ、1位「PUBG Mobile」--外出可能になり「Pokemon GO」が好調

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SensorTowerは、スマートフォン向けゲームアプリの売上高ランキングを発表した。2020年5月における上位3アプリは、1位「PUBG Mobile」(中国Tencent製)、2位「Honor of Kings」(同)、3位「Roblox」(米Roblox製)だった。

5月の売上高ランキング(出典:SensorTower)
5月の売上高ランキング(出典:SensorTower)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の外出禁止やロックダウンが各地で解除された影響により、NianticのAR位置情報ゲーム「Pokemon GO」が売上げを伸ばしたという。具体的には、前年同月比45.5%増の8220万ドル(約87億8882万円)を記録し、総合順位7位になった。iOS版は9位、Android版は5位。

 1位のPUBG Mobileは、売上高2億2600万ドル(約241億8200万円)超で、前年同月比41%増。iOS版は2位、Android版は8位。売上げの約53%が中国ユーザーで占められ、以下10.2%が米国ユーザー、5.5%がサウジアラビアのユーザー。

 2位のHonor of Kingsは、売上高2億450万ドル(約218万6514万円)、前年同月比42%増。売上げの約95%が中国ユーザーによるもので、2.2%がタイのユーザーからだった。iOS版は1位だが、Android版は10位以内にない。

 なお、4位にミクシィの「Monster Strike(モンスターストライク)」、10位にソニーの「Fate/Grand Order(フェイト・グランドオーダー)」が入った。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]