logo

インドの通信事業者Jio Platforms、相次ぎ出資を獲得--アブダビ投資庁からも

Campbell Kwan (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年06月08日 13時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インドの複合企業Reliance Industriesは、傘下のデジタルサービス企業Jio Platformsが複数の新たな出資を得たことを発表した。アブダビ政府系ファンドMubadala Investmentが1.85%の株式を909億ルピー(約1300億円)で取得したのに加えて、アブダビ投資庁が1.16%の株式を568億ルピー(約820億円)で取得したという。

 Jio Platformsは3億8800万人にインターネットサービスを提供しており、インドの通信事業者Reliance Jio Infocommを傘下に持つ。

 Mubadala Investmentは、Jio Platformsへの出資により情報通信技術のグローバルな成長を促すと述べた。

  Jio Platformsはこの7週間で9789億ルピー(約1兆4200億円)相当の投資を獲得したことになる。

 同社には、Facebook、General Atlantic、Kohlberg Kravis Robertsなども出資している。中でもFacebookは投資金額が57億ドル(約6200億円)と最大で、Jio Platforms株の9.9%を取得している。

 Reliance Jio Infocommは2019年8月、Microsoftとクラウドに関する10年の契約を締結している。これにより両社は、コネクティビティー、コンピューティング、ストレージから成るソリューションや、サービスやアプリをインド市場に提供する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]