logo

米キヤノン、デジタル一眼をウェブカム化する公式ツールのMac版を公開

山川晶之 (編集部)2020年05月29日 18時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンの米国法人は5月28日、デジタル一眼カメラをウェブカメラ化する専用ツール「EOS Webcam Utility Beta」のMac版を提供開始した。対応OSは、macOS 10.13 (High Sierra)、10.14 (Mojave)、10.15 (Catalina)。

 4月29日にWindows版を先行配信しており、カメラとPCをUSBケーブルでつなぐだけで、デジタル一眼カメラやコンパクトデジタルカメラをウェブカメラとして使用することができる。基本的には、ビデオ会議やライブ配信など幅広く使えるものの、ベータ版としている通り、一部のブラウザーやアプリでは動作しないなどの制限もある。

 このツールは米国法人が提供しているものであり、米国以外の地域ではサポートしない。ただし、Windows版を提供開始した際は、日本向けのキヤノン製カメラでも利用できたという声が多く挙がったことから、今回のMac版も同様に利用可能と思われる。対応するのは以下の25機種だ。

    対応機種一覧(デジタル一眼レフカメラ)
  • EOS-1D X Mark III
  • EOS-1D X Mark II
  • EOS 5DS R
  • EOS 5DS
  • EOS 5D Mark IV
  • EOS 6D Mark II
  • EOS 7D Mark II
  • EOS 90D
  • EOS 80D
  • EOS 77D(日本ではEOS 9000D)
  • EOS Rebel T7i(日本ではEOS Kiss X9i)
  • EOS Rebel T7(日本ではEOS Kiss X90)
  • EOS Rebel T6i(日本ではEOS Kiss X8i)
  • EOS Rebel T6(日本ではEOS Kiss X80)
  • EOS Rebel SL3(日本ではEOS Kiss X10)
  • EOS Rebel SL2(日本ではEOS Kiss X9)
  • EOS Rebel T100(日本未発売)
    対応機種一覧(ミラーレス一眼カメラ)
  • EOS R
  • EOS RP
  • EOS M6 Mark II
  • EOS M50(日本ではEOS Kiss M)
  • EOS M200
    対応機種一覧(コンパクトデジタルカメラ)
  • PowerShot G5X Mark II
  • PowerShot G7X Mark III
  • PowerShot SX70 HS

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]