logo

富士フイルム、ミラーレスをウェブカメラ化する専用ツール配布--デジタル中判も対象

山川晶之 (編集部)2020年05月28日 11時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは5月27日、同社のデジタルカメラをウェブカメラとして利用できる専用ソフト「FUJIFILM X Webcam」を提供開始した。

キャプション
1億200万画素をほこる「GFX100」もウェブカメラになる

 PCに専用ソフトをインストールし、デジタルカメラとUSB接続することで、ビデオ会議やライブ配信を高画質化することができる。さらに、富士フイルム独自の「フィルムシミュレーション」を使用することで、多彩な色調で配信することも可能だ。

 対応機種は、APS-Cセンサーを積んだ「Xシリーズ」として、「X-H1」「X-Pro2」「X-Pro3」「X-T2」「X-T3」「X-T4」。中判センサーを搭載した「GFXシリーズ」は、「GFX100」「GFX 50S」「GFX 50R」が対象となる。いずれもハイエンドモデルであり、X-T30やX-T200といったミドルクラス、エントリーモデルは対象機種に含まれない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]