logo

VAIO、法人向けセキュリティソリューションの無償提供や短納期モデル販売も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VAIOは4月23日、テレワーク緊急支援として取り組んでいる「短納期モデルの販売」と「TRUST DELETE Biz for VAIO PC無償キャンペーン」について紹介するウェブページを公開した。

 新型コロナウイルスの感染拡大などの影響もあり、企業経営の必須事項となっているテレワーク。

 今回、同社がテレワーク緊急支援として取り組んでいる「短納期モデルの販売」では、LTEモジュール搭載のモバイルPCとして、12.5型ワイドの「VAIO Pro PJ」と13.3型ワイドの「VAIO Pro PG」を短納期モデル(固定構成:最短3営業日で納品)として紹介している。

 VAIO Pro PJ(VJPJ118 LTE対応PJ構成5)の仕様は、12.5型FHD(1920×1080dpi)、Core i5、8GBメモリ、256GB SSD、Windows 10 Pro、LTEなど。販売価格は、21万6800円(税別)。

 VAIO Pro PG(VJPG118 LTE対応PG構成1)の仕様は、13.3型FHD(1920×1080dpi)、Core i5、8GBメモリ、256GB SSD、Windows 10 Pro、LTEなど。販売価格は、19万8000円(税別)。

 また、盗難・紛失の際に個人情報や機密データを遠隔から消去できる情報漏えい対策ソリューション「TRUST DELETE Biz for VAIO PC」のフル機能を、法人ユーザー向けに期間限定(5月31日まで)で無償提供する。

 利用するには、5月22日まで(申し込み受け付け分)に申し込みを完了させる必要がある。対象となる製品は、2017年9月以降発表のVAIO PC(一部対象外の製品あり)。

 なお、TRUST DELETE Biz for VAIO PCは、簡易な労務管理にも活用できるという。例えば、PC稼働後クライアントプログラムが動作してからおよそ15分に1回、位置情報を取得(履歴は直近15回分の表示)できるため、PCを稼働させているおおよその場所と時間を把握可能となる。

 また、タイマーロック設定を用いることで、一定時間インターネットアクセスがない場合にPCをロックさせられるため、在宅勤務時のPC起動時の一時的な労務管理にも活用できる(業務時間外など指定時間以上PCの電源オフ状態となる状態から起動させた場合、PC起動から約5分の間にオンライン環境にする必要がある)。

 さらに、全社導入をした場合でも情報システム部門に頼らず、グループメンバーの状況確認と消去・ロック命令発行が可能(ポリシー変更や異なるグループの閲覧には非対応)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]