logo

SIE、PS5の新コントローラー「DualSense」を公開--新たにCreateボタンなどを搭載

佐藤和也 (編集部)2020年04月08日 12時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は4月8日、2020年の年末商戦期に発売予定の次世代コンソールゲーム機「PlayStation 5」(PS5)において、新ワイヤレスコントローラー「DualSense」(デュアルセンス)の外観写真を公開した。

「DualSense」
「DualSense」

 あわせてPlayStation.Blogにて掲載された、ソニー・インタラクティブエンタテインメント シニアバイスプレジデントの西野秀明氏による説明では、「コントローラー開発のビジョンとして、『ゲームが創り出す世界』との対話、つまりこれまで以上にプレイヤーの皆さまの五感に訴えかけるゲーム体験の実現を掲げてきた」とし、「DualSenseの機能により、PS5のゲームプレイに別次元の没入感をもたらすことができると確信している」という。

 DualSenseでは、プレイステーション4用のワイヤレスコントローラー「DUALSHOCKR4」の魅力は最大限そのままに、新機能の追加や快適で遊びやすいデザインをさらに洗練させたものという。表現力豊かに感触を伝える「ハプティックフィードバック」を搭載したほか、DualSenseのL2ボタンとR2ボタンには「アダプティブトリガー」も搭載している。

 また、DUALSHOCK 4で搭載しているSHAREボタンは、新たに「Createボタン」として搭載。プレーヤーがゲームプレイを元にコンテンツを作成し、全世界に向けて共有したり、あるいは仲間内で楽しめるための新しい手段を再び開拓するという。さらなる詳細については、後日告知するとしている。

 また、DualSenseではマイクを内蔵。ヘッドセットがなくても気軽にフレンドとチャットできるようになっている。カラーリングについては、これまで基本となるコントローラーは単色だったが、今回は2色を採用。ライトバーも見やすさを考慮し、現行のDUALSHOCK 4ではコントローラー上部に配置していたが、本コントローラーではタッチパッドの両脇に配置しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]