logo
新型コロナウイルス関連

シャオミ、東京都に10万枚以上のマスクを寄付

山川晶之 (編集部)2020年04月07日 18時38分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォン大手の中国シャオミは4月7日、Shanghai Foresight Foundationとともに、新型コロナウイルス感染症対策として東京都に10万枚以上のマスクを寄付したと発表した。

キャプション

 マスクは、最も感染拡大が深刻な地域を支援するため、日本湖北総商会経由で東京都に輸送する。マスクを必要とする医療機関などに配布される。なお、日本への寄付物資が入った箱には、古今和歌集に収められている和歌より、「春たてば 消ゆる氷の 残りなく」という一節が書かれているという。

キャプション

 なお、 Xiaomi Charity FoundationとShanghai Foresight Foundationは、数万枚のマスク、数千枚の防護服、その他医療用品を、イタリアやスペイン、フランスなどにも寄付。今後より多くの国や地域に医療用品を寄付するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]