logo
新型コロナウイルス関連

GAテクノロジーズ、オンライン内覧時間が最大4倍に--不動産取引の非対面需要増

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GAテクノロジーズは4月2日、新型コロナウイルス感染拡大による不動産取引の非対面需要を受け、3Dウォークスルー画像によるオンライン内覧コンテンツを強化すると発表した。

 
3Dウォークスルー画像
3Dウォークスルー画像

 GAテクノロジーズでは、投資用不動産売買を中心に、オンライン面談や売買契約書の電子化、「IT重説」の社会実験の参画、ローンの申し込み・審査手続きのオンライン化など、不動産取引の電子化、および非対面化に取り組んできたという。

 2月より、住居用不動産の取引分野においても、GAテクノロジーズのグループ会社であるモダンスタンダードが運営する高級賃貸サイト「モダンスタンダード」の一部取り扱い物件から、3Dウォークスルー画像を活用したオンライン内覧機能の実装を開始した。

 これにより、物件ページの内覧時間が最大で4倍、平均で2倍になるという効果があったとしている。また、新型コロナウイルス感染症の影響による非対面取引の需要を受け、3Dを活用したオンライン内覧を、グループ全体で強化していくこととした。

 モダンスタンダードの3Dを活用したオンライン内覧機能は、マターポート製の3Dスキャンカメラで空間データを収集、モデリング化し、立体的な高解像度画像により、物件内を歩いているかのように閲覧できる「インサイトビュー」に加え、物件全体を間取り図のように上から閲覧できる「フロアプランビュー」、物件全体の3D空間イメージを閲覧できる「ドールハウスビュー」、物件に行かずとも採寸できる「測定モード」などの機能を備えている。

 さらに、よりリアルに物件イメージを伝えるため、実写撮影した画像内にCG家具を配置して、インテリアコーディネートを施す演出表現も、一部物件から実験的に開始している。

 今後は不動産テック総合ブランド「RENOSY(リノシー)」の展開する各種不動産サービスにおいても、3Dを活用したオンライン内覧の展開を予定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]