logo

シュア初完全ワイヤレスイヤホン「AONIC 215」--ワイヤレスモジュールで既存イヤホンも無線に

加納恵 (編集部)2020年04月02日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シュア・ジャパンは4月2日、シュアブランド初の完全ワイヤレスイヤホン「AONIC(エオニック)215」を発表した。安定した装着感が得られるイヤーフックタイプで、着脱式のため、ケーブルアクセサリーの交換が可能だ。発売は4月3日。市場想定税別価格は2万9800円になる。

(c)Shure Japan Limited
(c)Shure Japan Limited
完全ワイヤレスイヤホン「AONIC 215」(c)Shure Japan Limited
完全ワイヤレスイヤホン「AONIC 215」(c)Shure Japan Limited

 AONIC 215は、シュアのイヤホン「SE215」のイヤピース部分に MMCXコネクター対応のワイヤレスモジュールを接続し完全ワイヤレス化。ワイヤレスモジュールには、独自設計のヘッドホンアンプ搭載したほか、外音取り込みモードも備える。

 対応コーデックはaptX、AAC、SBCで、イヤホン本体には周囲の騒音を最大37dB遮断する高遮音性テクノロジーを継承。製品開発には、ワイヤレスマイクロホン RF エンジニアが関わることで、混線や途切れなどの電波障害問題を最小限に抑えているという。

 本体のみで最大8時間、付属の充電ケースで3回のフル充電ができ、最大32時間の再生が可能。専用アプリ「ShurePlus PLAY」はパラメトリック・イコライザーを搭載し、より細かな音のチューニングに対応する。

 ワイヤレスモジュールは今後単体のセキュア・フィット・アダプター「RMCE-TW1」(市場想定税別価格:2万4800円)として販売する予定で、「SE846/535/425」など既存の有線高遮音性イヤホンも完全ワイヤレスとして使用可能だ。

充電ケース、USB type-C 充電ケーブル(1m)、ソフト・フレックス・イヤパッド、 フォーム・イヤパッド(S/M/L)、クリーニングツールが付属する(c)Shure Japan Limited
充電ケース、USB type-C 充電ケーブル(1m)、ソフト・フレックス・イヤパッド、 フォーム・イヤパッド(S/M/L)、クリーニングツールが付属する(c)Shure Japan Limited
(左から)トランスルーセントブラック、クリアとスペシャルエディションとしてトランスルーセントブルー、ホワイトが登場する(c)Shure Japan Limited
(左から)トランスルーセントブラック、クリアとスペシャルエディションとしてトランスルーセントブルー、ホワイトが登場する(c)Shure Japan Limited

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]