logo
新型コロナウイルス関連

新型コロナの情報提供をうたいユーザーを追跡するAndroidアプリが見つかる

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2020年03月19日 11時44分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの感染拡大が、プライバシーの侵害に対する警戒心を弱めているようだ。同ウイルスのパンデミック(世界的大流行)に関する情報提供をうたいながら、ユーザーのあらゆる活動を追跡するアプリが登場した。

商品が少なくなった店舗の棚
商品が少なくなった店舗の棚
提供:Shara Tibken/CNET

 モバイルセキュリティ企業Lookoutの研究者が、「corona live 1.1」という「Android」向けアプリを発見した。このアプリは「新型コロナウイルスの最新情報を提供」するアプリを装い、ジョンズホプキンズ大学のコロナウイルストラッカーを利用している。同大学のトラッカーは世界各地の感染者、死者、回復した人の数を追跡する、実際のデータに基づいた信頼性の高い情報源だ。

 このアプリを利用した人は、自分がパンデミックの最新情報を把握できると考えただろう。だが、この悪質なアプリが実際に追跡しているのはユーザーだ。このアプリは、デバイス内の写真、動画、位置情報、カメラにアクセスできる。カメラへのアクセスが可能なため、攻撃者は写真や動画を撮影したり音声を録音したりできると、Lookoutは警告している。

 新型コロナウイルスへの不安につけ込んで大勢の人々を監視しようとするアプリは、Lookoutが発見したこのアプリにとどまらない。米CNETの姉妹サイトである米ZDNetの記事によれば、イラン政府が公式にリリースしている新型コロナウイルス追跡アプリでも、電話番号やリアルタイムの位置情報データを収集しているとの非難の声が上がり、プライバシーに対する懸念が高まっているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]