logo

ロボットがゆでる「駅そばロボット」実証実験、そばいちnonowa東小金井店で

坂本純子 (編集部)2020年03月16日 18時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR東日本スタートアップとコネクテッドロボティクスは3月16日、日本レストランエンタプライズ(NRE)と協力し、駅そば自動ロボットによる店舗効率化を目指す実証実験をそばいちnonowa東小金井店にてスタートした。

駅そば自動ロボット
駅そば自動ロボット

 NRE協力のもと、コネクテッドロボティクスが開発したそばロボットを活用し、生そばをゆでる、洗う、水で締めるという工程を自動化した。そばの盛り付けや温かいそばのあたためなおし、具材のトッピングは人が作業する。

生そばをゆでる、洗う、水で締めるという工程を自動化
生そばをゆでる、洗う、水で締めるという工程を自動化

 1時間あたりのそば生産量は40食。ロボットを活用することで、店舗全体の約8時間分程度、従業員約1人分の作業量を代替できるという。4月15日までを実証実験期間として、問題課題の洗い出しや今後の店舗展開にどう生かせるかなどを検証する。ロボットの稼働は、その後も継続する予定だ。

アームロボットが3つの作業工程をこなす
アームロボットが3つの作業工程をこなす
温めたり盛り付けしたりする作業は人が行う
温めたり盛り付けしたりする作業は人が行う

 現在、国内の外食産業では人手不足がますます深刻化しており、調理の省力化や自動化が大きな課題となっている。

 ロボットによって、人手不足の解消・従業員の負担軽減に加え、安定した美味しさを提供できるメリットがある。

まずは自販機でチケットを購入
まずは自販機でチケットを購入
オーダーが入ると、厨房のディスプレイに表示され、作業をスタートする
オーダーが入ると、厨房のディスプレイに表示され、作業をスタートする

 たとえば、そばをゆでる時間は100秒と決まっているが、作業する人によっては前後してしまうことがあり、味のばらつきがクレームのもとになることもある。ロボットが作業することで、品質の安定にもつながる。

東小金井の駅内、nonowa口近くにあるそばいちnonowa東小金井店
東小金井の駅内、nonowa口近くにあるそばいちnonowa東小金井店

 なぜそばいちnonowa東小金井店で実証実験なのか。NRE 代表取締役社長の日野正夫氏はコネクテッドロボティクスが東小金井に近い東京農工大学に拠点があるため、何かあったときに駆けつけられること、また利用者の数が多すぎず少なすぎないため、ちょうどよかったと説明する。

速度は人に軍配が上がるが、品質の安定効果も

 駅そば自動ロボットは、人の作業を代替できるものの、単純に速さだけで競えば、人のほうが数はこなせるという。

 新宿店のピークは東小金井店の3倍にのぼり、同じものをそのまま導入しても作業が追いつかないことが見えているという。一方で、味の安定化はロボットに軍配が上がる。また、今後どこまで自動化するか、コストとのバランスも課題の一つだ。

 なお、コネクテッドロボティクスは、「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択された「調理ロボットサービス」を開発している。

 JR東日本グループでは本実証実験の結果を踏まえ、NREが運営する駅そば店舗への本格導入、作業全体の自動化を目指すことで従業員の負担を軽減し、より良いサービスの提供を目指す。

JR東日本スタートアップ 代表取締役社長の柴田裕氏、コネクテッドロボティクス 代表取締役CEOの沢登哲也氏、日本レストランエンタプライズ 代表取締役社長の日野正夫氏
JR東日本スタートアップ 代表取締役社長の柴田裕氏、コネクテッドロボティクス 代表取締役CEOの沢登哲也氏、日本レストランエンタプライズ 代表取締役社長の日野正夫氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]