logo
新型コロナウイルス関連

メルカリとラクマ、マスクの出品を一律禁止へ--自作マスクなども対象

山川晶之 (編集部)2020年03月10日 20時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルカリとラクマは3月10日、衛生マスクの出品を一律禁止すると発表した。ラクマは3月12日15時より、メルカリは3月13日に出品禁止となる。

 これは、「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」が3月10日に閣議決定され、転売禁止の物品に衛生マスクが対象となったことを受けたもの。3月15日以降、市販で購入した衛生マスクを取得価格以上で譲渡した場合、一年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が課されるようになる。

 メルカリでは、「衛生マスク(個人が自作したものを含む)」「衛生マスクとその他の商品を抱き合わせた出品」を一律禁止。「マスクの出品すべてが、必ずしも違法行為につながるわけではないが、意図せず違法行為につながる可能性等を考慮した」とリリースでコメントしている。

 ラクマでも、購入価格以下での出品やハンドメイド商品なども一律禁止。出品が確認された場合、商品ページの削除、アカウント制限を実施する。両社とも、すでに大量出品や高額出品に対しては出品削除やアカウント制限を実施していたが、小ロットかつ適正価格に限り出品可能だった。

 なお、「ヤフオク!」でのマスク出品についてヤフー広報部に確認したところ、「オークション形式に関しては経済産業省の要請を受け、3月14日以降販売禁止を予定している」とのこと。また、フリマ形式(固定価格出品)に関しても、「閣議決定を受けて現在対応を検討中」としている。

【3月10日20時55分追記】

「ヤフオク!」での対応について、ヤフーに確認が取れたため追記しました。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]