logo

東芝、時短&スマホで録画番組を楽しく効率的に--音声操作もOKの「レグザブルーレイ」

加納恵 (編集部)2020年02月13日 11時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝映像ソリューションは2月13日、時短機能をスマートフォンで快適に操作できる「スマホdeレグザ」機能を搭載した「レグザブルーレイ DBR-T1009」を発表した。スマートフォンとの連携機能を多数備える。発売は2月21日。想定価格は5万5000円前後になる。

「レグザブルーレイ DBR-T1009」
「レグザブルーレイ DBR-T1009」

 番組ごとに「らく見」「らく早見」「飛ばし見」の3つのコースから再生できる「時短で見る」機能を装備。コースごとに視聴にかかる時間が表示されるほか、再生中に時短されている映像を確認できたり60分、30分、15分以内の番組だけに絞り込んで表示したりすることもでき、スタイルに合わせて視聴が可能だ。

 スマホdeレグザにより、テレビとスマホを切り替えて録画番組の視聴を実現。スマホでも「早見」コースを選べ、時短再生にも対応する。テレビで視聴していた番組の続きをスマホで視聴したり、スマホで視聴していた番組の続きをテレビで視聴することもでき、宅内から宅外、リビングから寝室といった移動時にも、視聴を継続できる。

 3月頃のバージョンアップにより「音声検索/音声操作」機能も追加予定。音声での番組検索のほか、音声操作にも対応し、入浴中やキッチンでの視聴中も音声だけで操作可能だ。検索は急上昇ワードにも対応する。なお、2019年6月に発売した「レグザブルーレイ DBR-W2009/W1009/W509」もバージョンアップにより音声検索と操作に対応する予定だ。

 地上、BS、110度CSデジタルチューナーを3基備え、3チャンネルの同時録画を実現。1TBのHDDを搭載する。

背面
背面
リモコン
リモコン

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]