logo

Armベースの「Surface Pro X」日本上陸--1月14日発売、税別12万9800円から

山川晶之 (編集部)2020年01月07日 12時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは1月7日、Armベースの2-in-1デバイス「Surface Pro X」を日本で発売すると発表した。同日より予約受付を開始、1月14日より発売する。一般向けモデルは全国量販店およびMicrosoft Store、法人向けはマイクロソフト認定Surfaceリセラーおよび300社を超えるD-VAR各社、Microsoft Store法人窓口で取り扱う。

キャプション

 Surface Pro Xは、これまでx86プロセッサがメインだったSurfaceシリーズにおいてArmベースの「Microsoft SQ1」を搭載した新機軸の2-in-1デバイス。13インチの「PixelSenseディスプレイ(2880×1920ピクセル)」に、最大16GBのRAM、最大512GBのSSD(取り外し可能)、ギガビット速度の4G LTEモデム、最大13時間のバッテリー性能を搭載しつつ、本体サイズ287mm × 208mm × 7.3mmとSurfaceシリーズ最薄を実現している。重さは、本体単体で774gだ。

 前モデルより薄型化されたスタイラスペン「Surface Slim Pen」は、バックライト搭載の新型キーボード「Surface Pro X Signature Keyboard」に収納でき、同時に充電することもできる。ポートは、USB-Cポート×2、Surface Connectポート×1、Surfaceキーボードポート×1、nano SIMスロット×1を搭載。そのほか、Windows Hello顔認証用カメラ、5メガピクセルのフロントカメラ、10メガピクセルのリアカメラ(4K動画撮影に対応)、デュアルマイク、2Wステレオスピーカーを内蔵する。

    モデル別価格(税別)
  • メモリ8GB、ストレージ128GB:個人向け12万9800円、法人向け12万7800円
  • メモリ8GB、ストレージ256GB:個人向け14万9800円、法人向け14万7800円
  • メモリ16GB、ストレージ256GB:個人向け18万5800円、法人向け18万800円
  • メモリ16GB、ストレージ512GB:個人向け21万9800円、法人向け21万4800円

 なお、一般向けモデルには Windows 10 HomeとOffice Home & Business 2019、法人向けモデルには Windows 10 Proがインストールされている。

    Surface Pro X 対応アクセサリの価格(税別)
  • Surface Pro X キーボード:個人向け、法人向けともに1万6400円
  • Surface Pro X キーボード 英語版:個人向け、法人向けともに1万6400円
  • Surface Pro X Signature キーボード(Surface スリムペン同梱):個人向け、法人向けともに2万9600円
  • Surface Pro X Signature キーボード 英語版(Surface スリムペン同梱):個人向け、法人向けともに2万9600円
  • Surface スリムペン(充電ベース付き):個人向け、法人向けともに1万5900円
  • USB-C – ヘッドホンジャック アダプター:法人向け1100円

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]