logo

DeNAとパーソル、AIを活用したタクシー乗務員の新しい働き方を提案するプロジェクト

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は1月7日、同社が提供する次世代タクシー配車アプリ「MOV」において、パーソルグループのパーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」とタクシー乗務員の新しい働き方を提案するプロジェクトを開始すると発表した。


 MOVは、タクシーに乗りたい人と、乗せたいタクシーをテクノロジーでつなぐ次世代タクシー配車アプリ。車内決済のほか、全車両でネット決済に対応し、事前のクレジットカード登録で降車時の支払い・領収書受け取りなどの手続きが不要。

 タクシーの利用希望者は、アプリで予想到着時間を事前に確認した上で、指定の場所へと配車依頼を行えるようになる。

 また、周辺を走行中のタクシーがリアルタイムに表示されるため、空車走行中のタクシーを簡単に確認も可能。迎車地点で乗客と乗務員が効率よく出会えるように、互いの現在地を確認できる機能や通話機能、定型メッセージを送り合える機能を実装している。

 同プロジェクトでは、MOVがタクシー乗務員向けに提供する「お客様探索ナビ」(AIを活用してタクシーの需要供給予測を行い、乗務員に対して経路をナビゲーションするサービス)を活用し、短時間労働などの新しい働き方をdoda主催のマッチングイベントや求人広告などを通じて提案するという。

 また、最初の取り組みとして「お客様探索ナビ」を導入するタクシー事業者の乗務員採用イベント「DREAM DRIVER Meet Up at横浜」(主催はパーソルキャリア、DeNAは協賛)を2月8日に開催する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]