logo

SBSロジコム、PyreneeとAI運転アシスト機器の開発で業務提携を締結

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SBSロジコムは12月24日、Pyreneeとドライバー用AIアシスト機器「Pyrenee Drive」の開発に関する業務提携を12月12日に締結したと発表した。

 Pyreneeが開発中のPyrenee Driveは、内蔵されたステレオカメラが道路上の映像を常時撮影し、AIによる物体認識と解析による危険予測とアラーム機能を備えた後付け型のAI運転アシスト機器。

 今回の提携では、同社が所有する約1500台の車両に「Pyrenee Drive」の試作機を搭載し、日常業務のリアルな実証データをPyreneeへと提供する。また、SBSグループの「姉崎自動車教習所」のコースをPyreneeに貸し出し、機器テストや追加データ収集などに活用するという。

 同社は、同提携を通じてPyrenee Driveに搭載されたAIのディープラーニングを支援し、Pyreneeが目指す2020年中の商品化に協力する。

 同社では、外付けタイプのPyrenee Driveが実用化することで、稼働中の既存車両であってもAIアシストを即活用できるようになり、交通事故撲滅への現実的な近道であると期待。また、従来の安全への取り組みに加え、最新のAI・IT技術を積極的に採用することで、さらなる交通事故削減を目指すという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]