logo
Kickstarter

レールにぶら下げてカーテンをスマート化する「SwitchBot Curtain」--声や光で操作

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電気による照明や空調が利用できる現代でも、窓から入る日差しを活用しない手はない。暑い夏には日光をカーテンで遮り、寒い冬にはカーテンを開け放って太陽の明かりと熱を利用しよう。

 そんなカーテンによる日差しの調整を自動化できるスマートデバイス「SwitchBot Curtain」が、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場したので紹介する。

レールに下げるだけでカーテンをスマート化(出典:Kickstarter)
レールに下げるだけでカーテンをスマート化(出典:Kickstarter)

 SwitchBot Curtainは、カーテンレールに取り付けると、カーテンの開閉を遠隔操作したり自動実行させたりできるデバイス。新しいレールやカーテンに交換することなくスマート化が可能なので、無駄がない。

 導入はレールにぶら下げるだけで済み、至って簡単。円柱型のレール、U字型のレール、I字型のレールのいずれにも装着可能。SwitchBot Curtainを2台取り付けると、中央から左右に開くタイプのカーテンもスマート化できる。

取り付けは簡単(出典:Kickstarter)
取り付けは簡単(出典:Kickstarter)
さまざまなタイプのカーテンに対応(出典:Kickstarter)
さまざまなタイプのカーテンに対応(出典:Kickstarter)
両開きカーテンにも使える(出典:Kickstarter)
両開きカーテンにも使える(出典:Kickstarter)

 カーテンの開閉は、Bluetooth連携させたスマートフォンのアプリや専用のリモコンで操作する。カーテンを手で直接動かしても開閉可能。

リモコンで操作(出典:Kickstarter)
リモコンで操作(出典:Kickstarter)

 光センサーを搭載しており、日が差し込んだら夏は閉め、冬は開けるなど、日差しに応じて自動的に開閉させる設定もしておける。また、夜になったら閉め、朝になったら開くという制御もできる。さらに、定期的に自動開閉させて留守宅でも人がいるように見せかけると、泥棒よけになる。

日差しに応じて自動開閉(出典:Kickstarter)
日差しに応じて自動開閉(出典:Kickstarter)

 オプション品の通信ハブ「SwitchBot Hub Mini」と組み合わせると、「Amazon Alexa」「Google Assistant」「Apple Siri」といった音声アシスタント機能に対応し、「Amazon Echo」「Google Home」「Apple HomePod」などのスマートスピーカーを介して音声コマンドで操作できる。そして、単純に開閉するだけでなく、照明のオンオフと連動させて開閉させるようなルーチン設定も施せる。

音声操作も可能(出典:Kickstarter)
音声操作も可能(出典:Kickstarter)

 内蔵している容量3400mAhのバッテリをフル充電しておけば、8カ月使える。オプションの太陽光発電パネルを装着すると、バッテリ駆動時間を延長できる。

太陽光発電でバッテリ駆動時間を延長(出典:Kickstarter)
太陽光発電でバッテリ駆動時間を延長(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月2日まで。記事執筆時点(日本時間11月7日14時30分)でキャンペーン期間は24日残っているが、すでに目標金額2万ドル(約217万円)の18倍を上回る約36万6000ドル(約3978万円)の資金を集めている。

SwitchBot Curtainの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]