logo

スカパー、宇宙ステーションに番組スタジオ--きぼう宇宙放送局からコンテンツ配信

加納恵 (編集部)2019年11月07日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スカパーJSATとバスキュール、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構は11月6日、国際宇宙ステーション(ISS)にスタジオを開設すると発表した。「宇宙メディア事業」創出に向けた活動を開始する。

番組スタジオ「The Space Frontier Studio KIBO(きぼう宇宙放送局)」を開設
番組スタジオ「The Space Frontier Studio KIBO(きぼう宇宙放送局)」を開設

 地上400km上空を秒速8kmで周回するISSの日本実験棟「きぼう」にメディアプラットフォームの実現に向けて検討をはじめたとのこと。バスキュールは、2020年以降のフェーズ1において、きぼう船内に番組スタジオ「The Space Frontier Studio KIBO(きぼう宇宙放送局)」を開設し、国際宇宙ステーションに長期滞在する宇宙飛行士とともに、宇宙に設置されたディスプレイを介して宇宙と地上でリアルタイムにコミュニケーションが楽しめる、双方向ライブ配信の開始を予定している。

 きぼう宇宙放送局から届く番組は、スカパーJSATとともに、BSスカパー!やYouTube、SNSなどで放送、配信も予定。世界中の人々に向けたコンテンツを企画している。

 今回の取り組み実現に向け、バスキュールでは、ISS日本実験棟きぼうの機器などを活用し、ISSと地上との通信回線制約を考慮したデータ通信プロトコル、短時間で起動可能な双方向通信用専用アプリケーションを独自に開発し、2020年夏以降を目途に、世界初の対面型双方向ライブ配信システムの技術実証及び事業化着手に向けた実証を実施するとのこと。また、2021年頃を想定するフェーズ2では、XR(AR/VR)も活用した映像配信も目指す。

 スカパーJSATは、フェーズ 1の番組に連携パートナーとして参画するとともに、きぼう船外に新たなカメラシステムの構築による、超高画質放送、配信開始に向けた検討(フェーズ2)と、ISSを利用した新たな通信システムの構築の検討(フェーズ3)も並行して開始していくとのこと。スカパーJSATが軌道上に多数保有する衛星通信網も活用して、2022年以降、きぼうから超高画質ライブ放送・配信を目指す。

双方向ライブ配信のイメージ
双方向ライブ配信のイメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]