logo
Adobe MAX 2019

アドビ、iPad版「Illustrator」開発を発表--2020年に提供予定

山川晶之 (編集部)2019年11月04日 23時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズは11月4日、同社の年次カンファレンス「Adobe MAX 2019」に先駆け、複数の新プロダクトと既存プロダクトのアップデートを発表。このなかで、iPad版「Illustrator」を開発中と発表した。同日よりプライベートベータプログラムを開始。2020年に提供予定としている。

キャプション
Illustrator iPad版

 同社では、iPad対応アプリを拡充しており、2018年のAdobe MAXでは動画編集アプリ「Adobe Rush」、2019年9月にイラストアプリの「Fresco」を発表。また、昨年のMAXで開発発表されていたPhotoshop iPad版を11月4日にリリースしたばかりだ。この流れのなか、もう一つの主要プロダクトであるIllustratorもiPad版の提供に至った。

 IllustratorのAIデータを扱うことができるほか、Creative Cloudを通じて、シームレスにデバイス間でのファイル共有を実現。iPadで作業を完了させることもできるという。また、新機能として「スナップ鉛筆ツール」「放射状リピートツール」も搭載する。

キャプション
放射状リピートツール

 UIはiPad向けとして大幅に作り変えており、タッチやApple Pencilを使った操作に対応。iPadのカメラを使って、手描きスケッチを撮影して取り込み、ベクターシェイプに変換することも可能という。

キャプション
Apple Pencilに対応
キャプション
手書きのイラストからベクターイラストを生成可能

 タブレットをクリエイティブに生かすために数千人ものデザイナーとコミュニケーションを取り、今回のコンセプトに至ったという。すでに提供開始されたPhotoshop iPad版と同じ方向性のプロダクトになると見られる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]