logo

愛猫を見守る首輪型デバイス「Catlog」が一般販売を開始--クロネコヤマトがお届け

石澤知広 (朝日インタラクティブ)2019年09月24日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RABOは9月24日、猫の生活をテクノロジーで見守るIoTデバイス「Catlog(キャトログ)」を正式ローンチした。クラウドファンディングの「Makuake」で先行予約販売したものを順次発送し、オフィシャルストアでも一般販売を開始した。価格は税別1万4800円。月額料金は、暮らし方に沿った3種類のプランを用意した。

Catlog Pendantを装着したCCOブリ丸
Catlog Pendantを装着したCCOブリ丸

 また、これにあわせて、クロネコヤマトとのコラボレーションも発表。同社が専用パッケージで自宅までCatlogを届ける、“ラストワンマイル”まで猫づくしなプロダクトとなっている。

「Catlog(キャトログ)」
「Catlog(キャトログ)」

 Catlogは、加速度センサーで猫の⾏動ログを取得する首輪である「Pendant」、Wi-Fi接続してPendantからのデータを受け取りサーバーへ転送するデバイス「Home」、飼い主が猫の行動を確認できる「アプリ」によって構成されている。専用アプリも同日からApp Storeでダウンロード可能だ。

 バイオロギング解析技術と機械学習を使い、猫の⾏動のうち「ごはん」「睡眠」「歩く」「⾛る」「運動」を検知するという。今後はそれらに加えて「⽔飲み」「ジャンプ」「嘔吐」「トイレ」などの⾏動も順次検知できるようになる予定だという。

外出先でも飼い猫の様子をスマホでチェック
外出先でも飼い猫の様子をスマホでチェック
アプリのプランは3種類
アプリのプランは3種類

 また、Catlog×クロネコヤマトのコラボレーションにより、専⽤宅急便コンパクトのパッケージを開発。クロネコヤマトのクロネコが、ラストワンマイルまでCatlogをお届けする。Catlogのパッケージ自体もデバイスを取り出し後は、愛猫の抜け落ちたヒゲや乳⻭、ブラッシングで採取した⽑⽟ボール⼊れとして再利用できるよう中蓋がついている。猫への愛がたくさん詰まったプロダクトとなっている。

クロネコヤマトの専用パッケージでお届け
クロネコヤマトの専用パッケージでお届け

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]