logo

次世代規格「Wi-Fi 6」の認定プログラムが開始

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2019年09月17日 11時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 非営利業界団体のWi-Fi Allianceが米国時間9月16日、「Wi-Fi CERTIFIED 6」プログラムを開始した。この認定プログラムは、次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ax」を採用するデバイスが、定められた標準を満たしていることを保証するものだ。プログラムに参加したメーカーは、自社製品のパッケージに小さな認定バッジをつけることになる。

Wi-Fi 6
提供:Stephen Shankland/CNET

 このバッジがメーカーにとって重要な理由は、自社製品が「Wi-Fi 6」(802.11axの消費者向けの呼称)に対応していて、Wi-Fi 6がもたらすスピーディーな新機能をすべて利用できることを消費者に伝えられるからだ。また、この新規格の採用に踏み切るタイミングをうかがっていたメーカーにとって、認定プログラムの開始は採用へのゴーサインとなる。すでに複数のWi-Fi 6ルーターが市場に出回り、サムスンの「Galaxy S10+」やAppleの「iPhone 11」といった主要なスマートフォンがWi-Fi 6をサポートしていることを考えると、今回のプログラム開始は待望のゴーサインだ。

 「われわれは本日、『Galaxy Note10』が世界で初めてWi-Fi CERTIFIED 6の認定を受けたスマートフォンとなったことを正式に発表する」と、サムスンのITおよびモバイルコミュニケーション部門バイスプレジデントでテクノロジー戦略グループ長のInkang Song氏は述べている。

Wi-Fi CERTIFIED 6のバッジ
Wi-Fi CERTIFIED 6のバッジ
提供:The Wi-Fi Alliance

 Wi-Fi CERTIFIED 6プログラムは、認定を受けたデバイスが、「Wi-Fi 5」を大きく上回る速度を実現するWi-Fi 6のアップグレード機能をすべてサポートしていることを保証するものだ。そうした機能には、Wi-Fi 6ルーターが1つのチャンネル内で複数クライアントに同時にサービスを提供することができるOrthogonal Frequency Division Multiple Access(OFDMA:直交周波数分割多元接続)などが含まれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]