logo

「Windows 10」1703の企業・教育向けエディション、10月8日でサポート終了

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年08月28日 12時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、Windows 10バージョン1703のEnterpriseエディションおよびEducationエディションの管理者に対して、より新しいバージョンに移行するよう警告を発した。

 バージョン1703のEnterpriseエディションおよびEducationエディションは、2019年10月8日にサポートが終了し、それ以降は月例セキュリティパッチや品質向上のためのアップデートの提供を受けられなくなる。

 同社は、Windows 10バージョン1703に関するページの冒頭に、サポート終了日に関する警告文を掲載した

 それ以前のバージョンのWindows 10と同じく、バージョン1703でも有料で拡張サポートを受ける選択肢はない。

 バージョン1703(別名「Creators Update」)がリリースされたのは、2017年前半のことだ。

 その後Microsoftは、2017年6月にバージョン1703を企業に導入する準備が整ったと宣言した。当初の予定では、セキュリティパッチの提供期間は18カ月間とされていたが、同社は2018年9月に、Windows 10バージョン1703のEnterpriseエディションとEducationエディションについて、サービス提供期間を30カ月間に延長した。

 Windows 10バージョン1809以降は、9月をめどに公開されるバージョンのEnterpriseエディションとEducationエディションでは、30カ月間サポートを受けることができる。一方、3月にリリースされるバージョンのサポート期間は18カ月のままだ。

 Windows 10の場合、サポート終了日以降は一切サポートが受けられなくなるが、Windows 7のエンタープライズ顧客には、2020年1月14日にサポートが終了した後も、有料でパッチを受け取り続ける選択肢が用意されている。

 また、上位のエディションを利用している一部のエンタープライズユーザーは、サポート終了後も1年間だけWindows 7のセキュリティパッチを追加料金なしで受け取れる。

 このサービスを受けられるのは、「Windows 10 E5」、「Microsoft 365 E5」または「Microsoft 365 E5 Security」の有効なサブスクリプションを持っている、「Enterprise Agreement」(EA)または「Enterprise Agreement Subscription」(EAS)の顧客だけだ。このサービスは期間限定のプロモーションで、2019年12月31日に終了する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]