logo

任天堂、スーファミ風コントローラーを「Switch」向けに準備か

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年08月14日 11時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ResetEraフォーラムのメンバーが発見した米連邦通信委員会(FCC)への新たな提出書類によると、任天堂は、「Super Nintendo Entertainment System」(SNESまたはSuper NES:スーパーファミコンの海外における名称)のコントローラーに非常によく似た新型のBluetoothコントローラーでFCCの承認を得たようだ。

FCCへの提出書類に記載された図面
提供:FCC

 書類の中では、これ以上の詳細はほとんど明かされていないが、このアクセサリーには「HAC-042」という型番が付けられており、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」向けであることを示唆している(Switch本体の型番は「HAC-001」で、「Joy-Con」コントローラーは「HAC-015」だ)。

 任天堂は現在、年額約20ドル(日本では年額2400円)の「Nintendo Switch Online」サービスを利用者に提供し、米国ではさまざまな「Nintendo Entertainment System」(NES)ゲームをダウンロードしてプレイできるようにしているほか、最新のゲーム機に対応するNESコントローラーも販売している。

 新型のワイヤレスコントローラーを「Super NES Classic Edition」向けに準備している可能性はあるが、同社が「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」「スーパーマリオワールド」「スーパーマリオカート」といったSNESゲームやクラシックゲームをSwitch向けに追加することは理にかなうだろう。

 任天堂は先ごろ、新バージョンの携帯型ゲーム機「Nintendo Switch Lite」を発表した。これには、オリジナルのSwitchのように取り外し可能なコントローラーは付属していない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]