logo

LINE Pay、WeChat Payと連携開始--QRを変えずにインバウンド対応が可能に

山川晶之 (編集部)2019年08月09日 17時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINE Payは8月9日、スマートフォン送金・決済サービス「LINE Pay」において、中国テンセントが提供する「WeChat Pay」との加盟店における連携を開始したと発表した。

キャプション

 これにより、WeChat Payユーザーが訪日した際、日本国内のLINE Pay加盟店に掲示されたQRコードをWeChat Payで読み込むことで、そのまま決済できるようになる。ただし、相互連携ではなく、LINE PayユーザーがWeChat Pay加盟店舗で決済できるようになるわけではない。

 LINE Pay Global Allianceで提携する韓国の「NAVER Pay」もWeChat Payと同時に申請できるため、それぞれのサービスで導入手続きする必要はないとしている。売上もLINE Payと合算して管理可能だ。なお、WeChat Payの加盟店手数料は、LINE Payと同じく2021年7月31日まで0%で提供する。

 また、既存の加盟店でも、LINE Pay 据置端末、プリントQR、LINE Pay店舗用アプリを申込・利用開始した店舗を対象に、9日以降順次「WeChat Pay」に対応する。利用可能な店舗にはアクセプタンスマークが掲出されるとしている。

 今回の取り組みは、国内のLINE Pay加盟店のQRコードをWeChat Payでも読み込み可能にし、WeChat Payの決済システムにつなぐものとなるが、支払時のユーザー情報は決済したサービスにのみ伝達され、双方のサービスで共有されることはないとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]