logo

KDDIやソフトバンクら携帯各社、ファーウェイ製スマートフォンの取り扱いを再開へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとUQコミュニケーションズ、ソフトバンク、楽天モバイルなどNTTドコモを除く携帯電話事業各社は8月6日、ファーウェイ製スマートフォンの取り扱いを再開すると発表した。

キャプション
「P30」シリーズ発表会で披露された「P30 lite」

 KDDIは沖縄セルラーとともに「P30 lite Premium」を取り扱うほか、ソフトバンクとワイモバイル、ウィルコム沖縄、UQ mobile、楽天モバイルは「P30 lite」の販売を開始する。多くは8月8日発売となるが、先行して楽天モバイルのみ8月5日から発売している。

キャプション
KDDIはストレージ容量が多い「Premium」モデル

 HUAWEI P30 lite PremiumとHUAWEI P30 liteは、「P lite」シリーズでは初となるトリプルカメラを採用。メインカメラは、約2400万画素+約800万画素+約200万画素の構成となっており、広角レンズも内蔵する。また、約2400万画素のインカメラとともにAIを活用することで、シーンを判別して誰でも手軽に高品質な写真が撮れるという。ボケ味を生かした撮影も可能だ。

キャプション

 いずれも、CPUに「HUAWEI Kirin 710(2.2GHzクアッドコア+1.7GHzクアッドコア)」を採用。メモリ4GB、約6.15インチディスプレイ、3340mAhバッテリーなど共通の仕様となっている者の、KDDIと沖縄セルラーが取り扱うPremiumモデルでは、ストレージの容量が通常モデルの64GBから128GBに倍増されている。

 重さについてはいずれも約159g。なお、サイズについては、P30 liteがW73×H153×D7.4mm、PremiumはW73×H153×D7.5mm(最厚部約8.7mm)とわずかに異なっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]