logo

セブン&アイ、「7iD」のパスワードを一斉リセット--「7pay」不正アクセスを受け

佐藤和也 (編集部)2019年07月30日 16時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セブン&アイ・ホールディングスは7月30日、グループのネットサービスやアプリで活用している共通ID「7iD」について、パスワードの一斉リセットを実施したと発表。ユーザーは利用する際、パスワードを再設定する必要がある。

 セブン&アイ・ホールディングスでは、セブン・ペイが運営するバーコード決済サービス「7pay」において不正アクセスの被害が発生。7月29日現在で不正アクセスによる被害者数は807人、被害金額は3860万5335円で、7月中旬以降、新たな被害は確認できてないとしている。

 今回のパスワード一斉リセットは、7payの不正アクセスを受け、サービスをより安全に利用するためのセキュリティ強化の一環としている。再度ログインする際のパスワードの設定条件も変更。パスワードは「アルファベットの大文字・小文字を必ず1文字以上使用し、かつ数字か記号を組み合わせて9文字以上で入力」としている。

 なお、システム全体の確認とセキュリティ対策が完了するまでの間、9月1日から予定していた、セブン&アイの特典プログラム「セブンマイルプログラム」のリニューアル内容を、一時的に変更するという。200円(税抜)購入ごとに1マイルが貯まりnanacoポイントに交換可能としていたが、nanacoポイントへの交換対応を一時停止するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]