logo

スタートアップのオフィスに新たな選択肢--リアルゲイトの「オーダーメイドビルディング」とは

加納恵 (編集部)2019年06月28日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スタートアップのオフィス選びに新たな選択肢が登場している。シェアオフィス、オフィスの企画、設計、運営などを手がけるリアルゲイトは、ビル1棟をスタートアップが自由にカスタマイズできる「オーダーメイドビルディング賃貸事業」を3月に開始した。

 オーダーメイドビルディング賃貸事業は、経年劣化により不動産価値が下がるなど競争力を失った300坪未満の築古小規模ビルをリアルゲイトが一括で借り上げ、スタートアップ企業向けに再賃貸する事業。リアルゲイト側で一定の工事をした後、オフィス空間の内装や屋上や外観の変更、ビルの命名権といった部分を入居者が担えることが特徴で、ビル1棟を自由にカスタマイズできる。

OMB JINGUMAE 1st。ビルの命名権もあるため、入居後はグレーの部分にビル名を掲げる予定
OMB JINGUMAE 1st。ビルの命名権もあるため、入居後はグレーの部分にビル名を掲げる予定

 渋谷区神宮前2棟、北参道、日本橋、清澄白河の計5棟を第1弾としてサービスを開始しており、神宮前2棟「OMB JINGUMAE 1st」「OMB JINGUMAE 2nd」をこの度公開した。

 OMB JINGUMAE 1stは1989年10月、OMB JINGUMAE 2ndは1997年6月に竣工した築古ビル。いずれも渋谷駅から徒歩5分、明治神宮前駅から徒歩7分の場所に位置する。

リノベーション前のフロア写真
リノベーション前のフロア写真
リノベーション後はフローリングに白を基調にしたデザインに生まれ変わった
リノベーション後はフローリングに白を基調にしたデザインに生まれ変わった

 OMB JINGUMAE 1stは、専門学校として使用していたビルをオフィス向けにリノベーション。受付などがあり、細かく区切られていた1階入り口近くを改装し、開放的なワンフロアへと生まれ変わらせた。

 鉄筋コンクリート造地下2階地上5階建で、延床面積は494.92平方メートル。地下2階から1階までをリアルゲイト側で施工し、2階から5階まではそのままの状態で貸し出すことで、入居者が自由にオフィスを構築できるという。貸出賃料は約420万円。すでに1棟まるごとでの入居者が決定している。

 OMB JINGUMAE 2ndは、築22年のビルをリノベーション。ガレージだったビルの1階部分を、デッキテラスや大きなドアを取り付けることで、ビルの前後からアプローチができる物件に変更した。

OMB JINGUMAE 2ndのエントランス
OMB JINGUMAE 2ndのエントランス

 鉄骨造一部鉄筋コンクリート造地下1階地上3階建で、以前は1階部分のみだった、パウダールームスペースを各階に設けるなど、使い勝手を含めて大幅にリノベーションしているという。貸出賃料は430万円。すでに数社から入居申し込みがきているという。

 リアルゲイトでは、シェアオフィスやオフィス物件を数多く取り扱っており、1棟貸しでの物件提供はこの3月からスタート。スタートアップ企業は短い期間で従業員数が増え、オフィスが手狭になるケースが多いため、1棟貸しを始めたことで、入居者と長く付き合えるようになったという。

 スタートアップ向けクリエイティブオフィスを都内で45棟手がけており、今後も年間10棟以上の開業を目指している。

リノベーション前の階段
リノベーション前の階段
リノベーション後の階段
リノベーション後の階段

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]