logo

LINE、人と会話できる音声AIプラットフォーム「DUET」発表--カスタマーサービスなどに

山川晶之 (編集部)2019年06月27日 13時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは6月27日、同社の大規模カンファレンス「LINE CONFERENCE 2019」にて、音声AIプラットフォーム「DUET」を発表した。

キャプション
LINEの音声AIプラットフォーム「DUET」

 DUETは、音声認識、音声合成、チャットボットを内包し、人と会話できるAIプラットフォーム。カスタマーサービスや店舗予約の受付などを想定しており、デモでは、顧客と流暢な日本語で会話を披露。予約受付のほか、当日の天気予報について触れるなど、人間のような応対が可能としている。

 LINEの代表取締役Chief Wow Officer(CWO)の慎・ジュンホ氏は、「AIと人が力を合わせてよりよい生活を目指す」とDUETを紹介。「1000人以上のチームで開発。日本語については音声認識、音声合成、チャットボットで世界一だと誇りをもって申し上げたい。日本語については、細かいチューニングまでゼロベースで開発しており、世界一の競争力を持つ」と述べた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]