logo

[ブックレビュー]小分けと時間割で実現--「プロの時間術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
方丈社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 232ページ / 方丈社 / 著者:上阪 徹 / 発売日:2019/05/31 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×13.0cm×2.3cm / 重量:0.3kg
内容:「時間の哲学」と題し、時間に対する著者の考えを説明するところから始まる。命にかかわる病気や怪我を自らが経験して、初めて実感できることかもしれないが、最近のニュースを見るだけでも、いつ自分の時間がなくなってもおかしくないということは、容易に想像できる。なんの変哲もない明日があるとは、誰も保証できないのだ。こうした時間に対する考え方があってこその「時間術」である。
「プロの時間術」
「プロの時間術」

 「時間の哲学」と題し、時間に対する著者の考えを説明するところから始まる。命にかかわる病気や怪我を自らが経験して、初めて実感できることかもしれないが、最近のニュースを見るだけでも、いつ自分の時間がなくなってもおかしくないということは、容易に想像できる。なんの変哲もない明日があるとは、誰も保証できないのだ。こうした時間に対する考え方があってこその「時間術」である。

 列挙されている仕事内容を眺めるだけで、本当に、いったいどうやってそれほどたくさんの仕事を「きちんと締め切りを守って」こなしているのかということが気になる。仕事を「小分けにする」「時間割を作る」ということが鍵となるが、それを実行するためには、自分のことを自身でいろいろと理解しておかなければならない。

 ここが、案外ハードルが高いかもしれない。自分が最も集中できる時間や、何にどのぐらい時間がかかるのか、自分の作業時間を把握しておかなければ、時間割を組めないからだ。そのため「『自分を理解』しないと、時間はうまく使えない」という章が設けられている。自分の性格や生活スタイル、やりたくないこと、やりたいことなど、自分に向き合いながら時間割を作り、試行錯誤を繰り返していくうちに、「自分だけの時間術」ができあがっていくのだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]