logo

ニコン「Z7」「Z6」が瞳AFに対応--拡張連写時でもAE追従が可能に

西中悠基 (編集部)2019年05月16日 16時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンは5月16日、フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」の最新ファームウェア(ver2.0)を公開した。バージョンアップにより、「瞳AF」機能に対応するほか、AF低輝度限界の拡張、高速連続撮影(拡張)時のAE追従が可能となる。

ニコン Z 7(左)とニコン Z 6(右)
ニコン Z 7(左)とニコン Z 6(右)

 瞳AFは、「オートエリアAF」でAF-S、AF-Cの設定時に利用可能。人物の瞳を検出し、ピントを合わせることができる。複数人の瞳を検出した場合には、マルチセレクターやサブセレクターでピントを合わせたい瞳を選択できるほか、瞳を拡大表示する機能も搭載する。

瞳AF使用時のイメージ
瞳AF使用時のイメージ

 AF低輝度限界については、ISO100、f/2.0レンズ使用時の検出限界値を、Z7では-1EVから-2EVに、Z6では-2EVから-3.5EVに拡張。さらにZ6では、「ローライトAF」使用時の低輝度限界を、-4EVから-6EVに拡張する。

 高速連続撮影(拡張)では、従来、全コマでAF追従が可能だったが、AEは1コマ目で固定されていた。アップデート後は、AEもAF同様に全コマで追従。明るさが変化するシーンでも露出が合った撮影が可能となる。なお、連写枚数はZ7で最大秒間約9コマ、Z6は同12コマで変更はない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]