logo

ユニクロ、約46万件の個人情報に不正アクセス--通販サイトで「リスト型攻撃」被害

山川晶之 (編集部)2019年05月14日 17時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファーストリテイリングとその傘下のユニクロ、ジーユーは5月14日、同社オンラインストアへの不正ログインが発生したと発表した。

 これは、「リスト型アカウントハッキング(リスト型攻撃)」と呼ばれるもので、他社サービスで漏えいしたIDやパスワードの情報をもとに、他のウェブサイトにログインを試みる手法。さまざまなウェブサービスでIDやパスワードを使い回している場合、リスト型攻撃の被害に遭遇する可能性が高まる。

 同社では、4月23日から5月10日にかけて、46万1091件のアカウントが不正ログインに被害に遭ったと報告。ユーザーから「身に覚えのない登録情報変更の通知メールが届いた」という申告があり、不正ログインの試行を確認したという。

 現在は、不正ログインが試行された通信元を特定してアクセスを遮断し、その他のアクセスについても監視を強化。個人情報が閲覧された可能性のある46万1091件のユーザIDについては、5月13日にパスワードを無効化し、パスワード再設定に関するメールを個別に連絡しているという。また、今回事案については警視庁に通報済みという。

 漏えいした情報は下記の通り。なお、クレジットカード番号は、上4桁と下4桁以外は非表示としているほか、クレジットカードのセキュリティコードは保存しておらず、漏えいの可能性はないとしている。

  • ユーザーの氏名(姓名、フリガナ)
  • ユーザーの住所(郵便番号、市区郡町村、番地、部屋番号)
  • ユーザーの電話番号、携帯電話番号、メールアドレス、性別、生年月日、購入履歴、マイサイズに登録している氏名およびサイズ
  • 配送先の氏名(姓名、フリガナ)、住所、電話番号
  • クレジットカード情報の一部 (カード名義人、有効期限、クレジットカード番号の一部)

 同社では、他社サービスとは異なるパスワードの設定、第三者が容易に推測できるパスワードの不使用のほか、個別に連絡しているユーザーに限らず、他社サービスと同一のID・パスワードを使用している場合は速やかに変更するよう呼びかけている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]