logo

PayPay、ソフトバンクグループから460億円を調達

山川晶之 (編集部)2019年05月08日 17時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクとヤフーのジョイントベンチャーであるPayPayは5月8日、2019年5月以降、第三者割当増資でソフトバンクグループから460億円の出資を受け入れると発表した。今回の調達により、同社の資本金は920億円(資本準備金含む)になるという。

キャプション
ヤフー、ソフトバンク以外にソフトバンクグループが資本参加

 PayPayは、スマートフォン決済サービスとして2018年10月にサービスを開始。同年12月に支払額の20%相当を還元する「100億円あげちゃうキャンペーン」を開始し、わずか10日で終了。現在は、続編となる「第2弾100億円キャンペーン」を5月31日まで展開している。

 用途について同社広報部に確認したところ、「現時点では具体的な使い道は決まっていない」としつつ、「今後の事業拡大に向け、加盟店やユーザーを増やすため、全国でキャッシュレス化を促進するために使用する」としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]