logo

パーソナルコンピューティングデバイス市場は2019年も縮小へ--IDCの予想

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月11日 13時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市場調査会社IDCが発表した市場予測によると、世界におけるデスクトップPCやノートPC、タブレットなどのパーソナルコンピューティングデバイス(PCD)の出荷数は2019年に3.3%減少する見込みだ。これは何年も前から続いている傾向である。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

 IDCは、同市場が2023年に出荷数ベースで3億7260万台規模に縮小するとしている。デタッチャブルタブレットや、ノートPCおよびモバイルワークステーションは、今後5年間で出荷数を伸ばし、この製品カテゴリにおけるシェアを拡大するとみられる。

 「長期的な(パーソナルコンピューティングデバイス)市場は依然として衰退し続けているが、市場の体質は引き続き好転している。レイトレーシング技術の進化、5G接続やデュアルスクリーン、折りたたみディスプレイを備えたデバイスの登場が間近に迫っているため、消費者と専門家がハイエンドの製品に魅力を感じる可能性は高い」とIDCでデバイスやディスプレイを担当するリサーチディレクターのLinn Huang氏は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]