logo

T-Mobile幹部陣がトランプ大統領のホテルに頻繁に宿泊--合併の支持獲得が狙いか

Marguerite Reardon (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月17日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 T-Mobileはワイヤレス業界のライバルSprintとの260億ドル規模の巨大合併に関して、Trump政権に媚びを売ろうとしているのだろうか。

提供:SOPA Images
提供:SOPA Images

 The Washington Postは米国時間1月16日に掲載した記事で、そう提起している。同記事では、T-Mobileが2018年4月にSprintとの合併を発表して以来、同社の複数の最高幹部がトランプ・インターナショナル・ホテルに頻繁に宿泊していることが明かされた。ワシントンDCにあるこの高級ホテルの所有者は、Trump大統領とその家族だ。

 実際に、合併が発表された翌日、「最高執行責任者(COO)、最高技術責任者(CTO)、最高戦略責任者(CSO)、最高財務責任者(CFO)、積極的な発言でも有名な最高経営責任者(CEO)のJohn Legere氏を含むT-Mobileの9人の最高幹部」が同ホテルのVIP宿泊客として記載されていた、とThe Washington Postは報じている。

 この記事は、目撃者の証言やホテルの記録に基づいて書かれた。The Washington Postによると、Legere氏を含むT-Mobileの幹部陣はこの数カ月、トランプ・インターナショナル・ホテルに何度も戻ってきているという。合計すると、T-Mobileの幹部陣は同ホテルに少なくとも38泊宿泊したと記載されている。同ホテルの部屋の宿泊料金は平均で1泊約300ドル(約3万3000円)なので、1万1000ドルを軽く上回る金額が同ホテルで費やされた計算になる。

 同ホテルを4回訪れたThe Washington Postの記者は一度、Legere氏をホテルのロビーで見かけた際にこの件について質問をしたが、同氏は特別待遇を求めていることを否定した。

 「ここは私がとても快適に感じる場所だ」とLegereはThe Washington Postに語った。 Legere氏はまた、ホテルが司法省の向かい側にあり、同局担当者と合併関連のミーティングを行ううえで便利だったとも言う。

 報道を受けてLegereは16日午後、記事に言及するツイートを投稿している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]