logo

JDI、静電容量式ガラス指紋センサの量産を開始--セキュリティ市場向けに提供

加納恵 (編集部)2018年12月20日 18時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャパンディスプレイ(JDI)は12月20日、静電容量式ガラス指紋センサーの量産を開始したと発表した。スマートドアロック向けなどセキュリティ市場向けに提供する。

 JDIは、スマートフォン向けのLTPSバックプレーン技術とタッチパネル技術を異なる事業領域へ応用する研究開発を進めており、その1つとして指紋センサーを開発。シリコン基板ではなしえない大面積センサー、透明センサー、フレキシブルセンサーといった次世代の指紋センサデバイスの実現が可能になるという。

 今後は、より大きなサイズのセンサー、透明性を活かした商品デザイン、曲げても割れないフレキシブルセンサーなど、新たな指紋センサーの市場セグメントを作り出していくとしている。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]