logo

「Google Play」に偽ドライブシミュレーターアプリ、50万回以上ダウンロード

Charlie Osborne (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)2018年11月21日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 50万人以上の「Android」ユーザーが、ドライブシミュレーターを装いながらまともな機能を一切備えていないアプリをダウンロードしたことが明らかになった。

 ESETのセキュリティ研究者Lukas Stefanko氏によると、「Luiz O Pinto」と名乗る開発者が公開した一連のアプリは、少なくとも計56万回インストールされたという。

 アプリは計13本あり、それらすべてが何らかのドライブシミュレーションに関係があるように装っている。

提供:Lukas Stefanko
提供:Lukas Stefanko

 これらのAndroidアプリには、トラックシミュレーター、高級車ドライビング、モトクロス、消防車シミュレーションなどがある。一部のアイコンには、その元となったとみられる正当なアプリに非常によく似た画像が使われていた。

 だが、これらのアプリをダウンロードしても、まともな機能は一切提供されない。それどころか、アプリは存在を隠し、ショートカットアイコンを表示しないまま、追加のAPK(Androidアプリケーションパッケージ)をダウンロードしてインストールするようユーザーにリクエストする。

 ユーザーがリクエストを許可すると、モバイルデバイスのロックが解除されているときに、アプリがユーザーの許可なく広告を表示するようになる。過去にインストールしてしまったユーザーのなかには、このアプリのせいでデバイスの速度が著しく遅くなったと報告する人もいた。

 このアプリはすでにGoogleに報告されており、本記事執筆時点までに「Google Play」ストアから削除されたようだ。

 ただし、Forbesによると、このアプリがまだ公開されていたときから、多くのユーザーが不正なアプリであることに気づいており、レビューを投稿して他のユーザーに警告した人もいたという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]