logo

スマホひとつでVTuberになれるアプリ「GooMe」--AIで体の動きもキャプチャ

佐藤和也 (編集部)2018年11月13日 18時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トライフォートは11月13日、スマートフォンひとつでバーチャルタレントとなり活動ができるライブ配信アプリ「GooMe」を発表。ベータ版を11月下旬から提供予定で、先行体験の募集を開始した。

 このアプリでは、AIによるリアルタイムモーションキャプチャや3D変換技術を活用することにより、顔の表情のみならず体の動きもバーチャルタレントに反映させて表現が可能。3Dオリジナルバーチャルタレントをカスタマイズでき、スマートフォンひとつで3Dのキャラクター作成からライブ配信が可能で、誰でも簡単にバーチャルタレントとして活動できるようになるという。またギフトやコメント機能も搭載されており、インタラクティブなライブ配信も楽しめるという。

AI活用でスマートフォンのみでリアルタイムモーションキャプチャーが可能
AI活用でスマートフォンのみでリアルタイムモーションキャプチャーが可能
3Dオリジナルバーチャルタレントをカスタマイズ
3Dオリジナルバーチャルタレントをカスタマイズ

 先行体験版アプリは、iPhone X、iPhone XS、iPhoneXS Max、iPhone XR(iOS 11.2以上)で利用可能。一部機能を制限しているため、実際の配信は行われない。またアバターは起動後ランダムに生成され、先行体験版アプリではカスタマイズはできないという。製品版においては、配信機能の対応機種とOSは先行体験版の対応機種とOSに準ずる。視聴機能はiOS 11以降、iPhone 6以降などに対応。Android端末やOSについては今後対応予定という。

 サービスにあわせて、GooMe公式バーチャルタレント「慧桜ココロ」もVTuberとして展開。YouTubeに動画を初投稿した。最新のテクノロジやゲームに興味を持つVTuberとして、YouTubeでは最新ゲームプレイや特技の歌とダンスを披露。GooMeの機能を活用したコミュニケーションを図るとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]