logo

キヤノンレンズが使える4G対応Android端末「YN450」--イメージセンサはフォーサーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カメラ向け交換レンズやストロボなどのアクセサリを手がけている中国のYONGNUO(永諾)撮影器材は、スマートフォンのような形状をしていて、キヤノン製一眼レフカメラ用レンズを装着可能なAndroidデバイス「YN450」を発表した。スペックや発売時期などの詳細情報は明らかにされていない。

キヤノン製レンズが使える4Gスマホ風デバイス(出典:YONGNUO公式Facebookページ)
キヤノン製レンズが使える4Gスマホ風デバイス(出典:YONGNUO公式Facebookページ)

 YN450は、Qualcomm製の8コアプロセッサ、5インチのマルチタッチ対応ディスプレイ、3ギガバイトのRAM、32ギガバイトのストレージ用メモリなどを搭載し、Android OS 7.1で動く。4Gおよび3GのモバイルネットワークとGPS、無線LAN(Wi-Fi)による通信にも対応している。

 最大の特徴は、キヤノンの一眼レフカメラ用レンズ「Canon EF」シリーズを装着し、パナソニック製の1600万画素CMOSセンサ(フォーサーズ規格)を使って写真が撮影できること。静止画だけでなく、30fpsの4Kビデオ撮影も可能。LEDフラッシュとステレオマイクを備え、RAWフォーマットにも対応している。同じキヤノン製でも、「EF-S」および「EF-M」のレンズに対応しているかどうかは不明。

 画面側には自撮りなどに使える800万画素カメラもある。最大32ギガバイトのメモリーカードが使用可能。バッテリ容量は4000mAh。

 なお、YN450というデバイス名は仮称らしく、YONGNUOは正式名称を募集中だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]