logo

タニタ、バーチャロン「ツインスティック」商品化クラウドファンディングに再挑戦

佐藤和也 (編集部)2018年10月18日 18時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タニタは10月18日、セガゲームスのPS4用ソフト「電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」に対応するコントローラ「XVCD-18-B 18式コントロールデバイス『ツインスティック』」の商品化を目指すクラウドファンディングプロジェクトを開始した。

「XVCD-18-B 18式コントロールデバイス『ツインスティック』」イメージ
「XVCD-18-B 18式コントロールデバイス『ツインスティック』」イメージ

 これは6月から7月にかけて行われ、8000万円以上を集めながら、目標金額の2億7700万円には届かなかったことから不成立となった、ツインスティック商品化プロジェクトに再挑戦する試みとなっている。タニタ側では再挑戦へ向けた可能性を探るなかで、三和電子とトラスティ―が本プロジェクトの趣旨に賛同して参画。両社の持つ設計や製造ノウハウや既存の部品などを活用することにより、前回目指した商品仕様よりも品質や耐久性を高めつつ、製造コストを抑える筋道が立ったことから、今回の再チャレンジに至ったという。

 今回のプロジェクトもセガゲームスが全面協力し、本体は専用筐体を彷彿とさせる横長のボディーを採用するとともに、天板部はアーケード筐体以上の強度を持つステンレスプレートを使用し、質感と耐久性を高めている。また、スティックの傾斜可能角度を8度にして、アーケード版と変わらない操作性を再現。スティック基部の構造を強化し、「ねじり」や「加重」に対する高い耐久性を確保している。また、本体内の配線レイアウトをシンプルな構造とし、メンテナンス性を高めると同時に、スティック部分は交換用のアフターパーツを用意したという。

 商品自体がリターンとなる購入型のクラウドファンディングで、支援金額は1口4万4600円(税込)、目標金額は合計1000口で計4460万円。なおリターンメニューにはツインスティックを含まないものも用意されており、それらは3500円からとなっている。

 プロジェクトが成立した場合、リターンとなる商品の発送は、バーチャロンシリーズ第 1作の「電脳戦機バーチャロン」が誕生した日にちなみ、2019年11月27日を予定している。

 タニタ側では「部品メーカーがセットメーカーとなって生活者が望むものを商品化したり、これまで手がけたことのない新分野やニッチな分野の市場に参入したりできるこのスキームが波及すれば、日本の製造業を活性化する一助になるのではないかと考えている」としている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]