logo

「Apple Watch Series 4」発表--ディスプレイ約30%大型化、税別4万5800円から

山川晶之 (編集部)2018年09月13日 04時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは9月13日、スマートウォッチ「Apple Watch Series 4」を発表した。アルミニウムケースのGPSモデルが税別4万5800円、セルラーモデルが税別5万6800円、ステンレススチールのセルラーモデルが税別7万4800円。9月14日より予約受付を開始し、9月21日に販売を開始する。なお、旧モデルとなるSeries 3は税別3万1800円で販売継続となる。

キャプション
「Apple Watch Series 4」

 Series 4では、初代Apple Watchから大きく変更することのなかったデザインに手が加えられており、小型モデルは従来比35%、大型モデルは32%とディスプレイサイズが拡大。ボディサイズも、38mmと42mmから40mmと44mmに大型化。ディスプレイサイズの拡大により、画面表示の情報量が増え、新しいUIも採用されている。OSは、Watch OS 5を搭載する。

キャプション
「Apple Watch Series 4」の主要トピック
キャプション
ボディサイズが40mmと44mmに

 SoCには、Appleが設計したS4エンジンを搭載。64bitのデュアルコアプロセッサで、GPUも強化。従来比で2倍高速化されているという。また、デジタルクラウンにハプティクスが追加されたことで、クラウンを回した際の機械的な感触を再現。スピーカーの音量も従来比50%増加し、マイクの収音性能も高めたという。そのほか、LTE、Bluetooth 5.0、GPS、防水機能などを一通り搭載する。バッテリーライフは、1日中としている。

キャプション
SoCはApple開発の新プロセッサ「S4」を搭載。2倍高速化している
キャプション
デジタルクラウンにはハプティクスを搭載。ダイヤルを回した際の、機械的なクリックのフィードバックを感じられるという

 さらに、加速度・ジャイロセンサも刷新されており、2倍のダイナミックレンジ、モーションデータのサンプリングが8倍高速化されている。センサの高性能化により、落下や転倒、スリップを検知できるようになり、緊急通報ボタンが表示された後そのまま1分間動かなければ、自動で通報する。心拍センサも刷新されており、新たに異様な低心拍数や心房細動の検知に加え、デジタルクラウンに指を置くことで心電図を計測できるようになった。

キャプション
転倒時や落下時などを検知して緊急画面を表示。1分間そのまま動かない場合、自動で通報する
キャプション
デジタルクラウンに指を当てることで心電図を作成可能。iPhoneなどと共有できる

 なお、Series 4でもナイキモデル「Apple Watch Nike+」とエルメスモデル「Apple Watch Hermès」を用意。ナイキはGPSモデル(税別4万5800円)とセルラーモデル(同5万6800円)、エルメスはセルラーモデル(同13万4800円〜)のみとなる。

キャプション
「Apple Watch Nike+」
キャプション
「Apple Watch Hermès」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]