ガートナー、リサーチ&アドバイザリ部門の最高責任者が辞任

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年08月23日 09時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gartnerでリサーチ&アドバイザリ部門担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めてきたPeter Sondergaard氏が米国時間8月20日付で辞任したことが、米証券取引委員会(SEC)への提出書類から明らかになった。書類には、同氏の振る舞いが、「会社の行動規範と基本的価値観にそぐわなかったため」と書かれているが、それ以上の詳細は公表されていない。

Gartner リサーチ&アドバイザリ部門元エグゼクティブ バイスプレジデントのPeter Sondergaard氏
Peter Sondergaard氏

 Sondergaard氏はGartnerに30年近く勤務し、2004年にGartner Researchのシニアバイスプレジデント(SVP)に就任した。Gartnerは提出書類の中で、Sondergaard氏と同社の間で「戦略、財務、業務慣行をめぐる」意見の相違はなかったとしている。

 Sondergaard氏の名前と経歴はGartnerの幹部紹介ページから削除されており、同氏は既に、元アソシエートとして同社のアナリストディレクトリに掲載されている。

 GartnerのMichael Harris氏がSondergaard氏の後任に就任した。Harris氏は、直近までGartnerのITリーダー&テックプロフェッショナルリサーチ担当SVPを務めていた。同氏は、最高経営責任者(CEO)のGene Hall氏に直属する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]