logo

「Echo」、イコライザ機能で音質の調整が可能に--まず米国から

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年07月24日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオファンは、音楽の音質をあれこれ調整するのが大好きだ。だが今まで、Amazonのスマートスピーカ「Echo」では、音質の調整ができなかった。ここで「今まで」と書いたのは、米国時間7月23日から、高音域、中音域、低音域を調整できるようになったからだ。ユーザーは、「Alexa」アプリを使うか、Alexa自身に頼むことで、音質を調整できる。

 調整するには、「Alexa、高音域を最大にして」「Alexa、中音域を弱くして」「Alexa、低音域を強くして」といったコマンドを使用する。各音域は、-6dB~6dBの間で調整でき(たとえば「Alexa、高音域を-3にセットして」と言えばいい)、そのようにして調整した新しい音質設定は、音楽、ポッドキャスト、オーディオブックなど、あらゆるものの再生に適用される。設定した音質が気に入らない場合は、「Alexa、イコライザをリセットして」と言えば、いつでもデフォルトの音質設定に戻すことが可能だ。

 この新しい音質調整機能が使えるのは、Echo(第1世代と第2世代)、「Echo Dot」(第1世代と第2世代)、「Echo Plus」「Echo Show」「Echo Spot」だ。

 また、Amazonによれば、Echo ShowとEcho Spotでは、この新しいイコライザ機能をタッチスクリーンで利用できるようになるという。そうなれば、画面を1、2回タップして音質を調整することも可能になる。さらに、Amazonはこの新しいイコライザ機能を、Alexaのオープンソフトウェアツールの1つとして開発者が利用できるようにした。そのため、Sonosの「Beam」など、サードパーティー製のガジェットにも同じ音質制御機能が搭載されるだろう。

 新しいアプリ内イコライザ機能は、世界中のAlexaユーザーに提供される予定だが、Amazonによれば、音声による音質調整機能は当初、米国内の英語版スピーカに限定されるという。他の地域と言語については、「近いうちに」提供される見込みだ。

提供:Ian Knighton/CNET
提供:Ian Knighton/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]