logo

カールスバーグは新作ビールの味をAIで予測している

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2018年07月17日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Carlsbergは、そのままでもおいしいビールをさらにおいしくするために人工知能(AI)を活用している。

提供:Getty Images
提供:Getty Images

 デンマークに本社を置くCarlsbergは世界最大級のビール醸造企業だ。同社の研究チームは高度なセンサと解析技術を利用して、風味の計画と予測の迅速化を図っている。同社のAIプロジェクトは、米国時間7月16日付のMicrosoftのブログで紹介された。MicrosoftはCarlsbergにクラウドサービスを提供している。

 興味をそそるこのAIプロジェクトの目標は、各サンプルの風味の特徴を明らかにすることだ。それによって味の組み合わせの研究を効率化できるため、結果として製造プロセスをスピードアップし、消費者にビールを早く届けられる。

 同プロジェクトは3年間続く予定だが、まだ開始から半年のため、現時点で具体的な成果は生まれていない。それでも、CarlsbergのAIはいくつかの基本的な「味」を習得しているらしく、すでに異なるピルスナーとラガーの味を識別することが可能だと、ブログには記されている。研究チームは現在、醸造技術者が利用しやすいようにプログラムを改良中だ。

 この件でCarlsbergにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]