logo

フォルクスワーゲン、EV用バッテリ研究に量子コンピュータを活用--性能向上が目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 量子コンピューティングを電気自動車(EV)用バッテリの研究開発に活用しているVolkswagen(VW)は、バッテリの性能にかかわる分子を量子コンピュータでモデル化してシミュレーションできたと発表した。

バッテリ性能を左右する分子のシミュレーションを量子コンピュータで(出典:VW)
バッテリ性能を左右する分子のシミュレーションを量子コンピュータで(出典:VW)

 VMが目指しているのは、まずバッテリの化学的構造を量子コンピュータでシミュレーションすること。そして、特定用途に合わせたバッテリの製造に必要な構造を探求していく。

 すでに、水素化リチウムと炭素による鎖状の分子をモデル化し、量子コンピュータでシミュレーションしている。今後、より複雑な化合物のモデル化とシミュレーションに取り組み、バッテリ性能向上につながる化学的構造の最適化へつなげたい考え。

 VWは、ドイツのハノーバーで開催される情報技術見本市「CeBIT 2018」(現地時間6月12日から15日)にて、量子コンピューティングの研究成果をプレゼンテーションする予定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]