logo

“縦型アニメ”が楽しめる動画アプリ「アニメビーンズ」--プロダクションI.Gが提供

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年06月08日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 攻殻機動隊や黒子のバスケなどを手がけるアニメーション製作会社のプロダクション・アイジーは6月8日、同社が提供する“縦型アニメ”を配信するアプリ「タテアニメ」を全面リニューアルし、新たに「アニメビーンズ」(iOS/Android)としてサービスを開始したと発表した。

 同社は、アニメ配信サービス初となる縦型アニメを配信するアプリとしてタテアニメを2017年6月に公開。今回の全面リニューアルでは、ユーザーインターフェースを刷新したほか、タテアニメで配信していた「孤独のグルメ」「アフリカのサラリーマン」などの作品に加え、新たに「15歳、今日から同棲はじめます。」「からめるハニー」「もしもし、てるみです。」「めしぬま。」などの作品を追加したという。

縦型アニメの配信アプリ「アニメビーンズ」
縦型アニメの配信アプリ「アニメビーンズ」

 また、従来は男性をターゲットにしていたが、女性に人気のタイトルなども充実させ、合計26のタテアニメのうち、23作品をアニメビーンズの独占配信タイトルとして揃えた。さらに「進撃の巨人」をはじめ、IGポートグループが制作した人気アニメ約10作品も、新設するヨコアニメ枠で配信する。今後も作品を追加予定で、話題マンガのタテアニメ化や人気アニメのスピンオフなども計画しているという。

 無料話以外はポイントを消費して視聴する従来のスタイルも一新。「待つと全話無料」のスタイルを新たに採用した(タテアニメのみ、ヨコアニメは無料話以降ポイント消費によって視聴可能)。初回に8話程度をまとめて配信し、1〜2話は常時無料で公開。毎週金曜日に2話以降続きの話が1週間無料開放され、同時に新しい話(有料話)が追加されるという。

 毎週無料話がスライドされ、更新を待てば最終回まで無料で視聴できるこのスタイルは、定額制や一部有料視聴が主流のアニメ配信サービスとしては異例の試みだと同社は説明する。

 今後の予定として、2018年内にはインディーズ枠も新設し、プロ・アマ問わずアニメ作品を広く募集するという。アプリ内で配信し、人気が高いアニメは公式作品として昇格するなどの展開を予定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]