logo

3Dプリントしたような立体の編み物を実現--カーネギーメロン大が編み機向けソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カーネギーメロン大学(CMU)の研究チームは、3Dモデリングツールで作った形を編み物で再現する工業用編み機向けソフトウェアを開発した。これにより、専門家がいないと困難だった立体的な形状の編み物を、3Dプリンタで立体物を造形するかのように、誰でも簡単に作れる、としている。


3Dプリンタ気分で立体的な編み物を(出典:カーネギーメロン大学)

 このソフトウェアは、3D造形用のモデリングツールで作った3Dデータを編み機用データに変換する。変換後のデータは、工業用編み機として普及しているVベッドタイプの編み機に読み込ませることが可能で、編み機をまるで3Dプリンタのように使えるという。考案した編み機用データフォーマット「Knitout」は、編み機のメーカーを問わず読み込ませられるよう開発したそうだ。


さまざまな工業用編み機に対応(出典:カーネギーメロン大学)

 研究チームは、立体的な人形を編み物で作れるほか、着る人の体形にピッタリ合う形のセーターや上着、帽子などの制作が容易になると考える。安定した品質で編み物を大量に生産するだけでなく、デザインの異なる少量の編み物をオンデマンド生産することにも使えるという。


複雑な立体編みが簡単に(出典:カーネギーメロン大学)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]