logo

「VR ZONE」の一部VRアクティビティが7歳以上から体験可能に--価格改定も

佐藤和也 (編集部)2018年02月27日 13時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコエンターテインメントは2月27日、VR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」について、施設内に設置している一部のVRアクティビティの対象年齢を、3月1日から7歳以上へ改定すると発表。また入場やプレイ料金も新価格にすることもあわせて発表した。

 これまでVRアクティビティの対象年齢を13歳以上と定めていたが、ロケーションVR協会により施行されたVRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインに則る形で、7歳以上に改定するというもの。

釣りVR「GIJIESTA」
釣りVR「GIJIESTA」

 対象アクティビティは、「エヴァンゲリオンVR The 魂の座:暴走」、極限度胸試し「高所恐怖SHOW」、釣りVR「GIJIESTA」、ガンダムVR「ダイバ強襲」/ガンダムユニコーンVR「激突・ダイバ上空」、「エヴァンゲリオンVR The 魂の座:暴走」、急滑降体感機「スキーロデオ」、ドラゴンボールVR「秘伝かめはめ波」、近未来制圧戦アリーナ「攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds」、極限度胸試し「ハネチャリ」の9種。なお、一部VRアクティビティでは身長制限を設けているものがある。

 料金については、「入場チケットこども」(7歳以上、13歳未満)を3月1日から200円に改定。同日から、入場料と2種類のVRアクティビティチケットがついたセットチケット「こども1day2チケット」を2000円で販売する。また、17時以降に3300円で販売する、入場料と3種類のVRアクティビティチケットがついたセットチケット「アフター5 1day3チケット」を、3月1日から7月20日までの平日限定で導入するなど、一部で改訂や新規導入が行われる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]