logo

日産とDeNAの無人運転サービス「Easy Ride」を体験--その乗り心地は

藤井涼 (編集部)2018年02月23日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は、無人運転車両を活用した新たな交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を、3月5〜18日までの2週間、神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺で実施する。参加するのは公式サイトから応募した一般モニター約300組。


無人運転サービス「Easy Ride」

 両社は、2017年1月より自動運転技術を活用した新しい交通サービスの開発を進めてきた。電気自動車や自動運転、コネクテッドカーなどの先進技術の開発に取り組む日産と、インターネットとAIを活用したサービス設計と運営ノウハウをもとに自動運転によるサービス開発に取り組んでいるDeNAが、それぞれの強みを生かしたサービスの実現を目指している。

 Easy Rideは、「もっと自由な移動を」をコンセプトに、誰でもどこからでも好きな場所へ自由に移動できる交通サービス。専用のモバイルアプリで目的地の設定から配車、支払いまで可能で、目的や気分に合わせて地元のスポットやおすすめの観光ルートなどの行き先を選択できる。また、子どもの送り迎えや高齢者の移動など、既存の交通サービスを補完するものとして開発を進めているという。

アプリの使い勝手や乗り心地は?

 3月5日からの実証実験に先立ち、筆者はEasy Rideをいち早く体験することができた。みなとみらい線の新高島駅にある日産グローバル本社前を出発して、パシフィコ横浜前を通過し、商業施設のワールドポーターズを目指す、約4.5Kmのルートだ。

 まず、Easy Rideのスマートフォンアプリを立ち上げ、目的地を検索する。ここでは音声で「ハンバーガーが食べたい」と呼びかけた。すると、みなとみらい周辺のハンバーガー店が一覧で表示されるので、今回はワールドポーターズにある店を選択。さらに、乗降地と乗車日時を選ぶと配車の予約が確定した。早ければ1分程度で予約できる。


 指定した時間になると、日産グローバル本社前にEasy Rideの車両が到着。実証実験では安全のためにスタッフが運転席に座っているが、完全自動運転のため、ハンドルには一切触れていない。車両が目の前に止まった後、スマートフォンアプリを使ってドアロックを解除して乗り込んだ。

 後部座席に座ると、中央に車載タブレットが搭載されていることに気がつく。音声でシートベルトを締めたかを確認してくるので、シートベルトを締めてタブレット画面上の「OK」をタップすると出発。それと同時に、目的地到着までの残り時間が表示される。


 体験乗車では実証実験と同様に一般道を走行したが、信号や歩行者を認識しての停止や発進、さらには右折や車線変更まで、すべて車両による自動運転。停車からの発進や右左折の瞬間などは多少慎重になり速度を落とすが、その乗り心地は人の運転と遜色のないレベルだ。これらは、車両に搭載された10台以上のカメラやミリ波レーダー、レーザースキャナによって実現しているという。


横浜市みなとみらい地区周辺を自動運転で走行。ドライバーは一切ハンドルには触れていない

 また、走行中は音声とともにタブレット画面に周辺の観光スポットやイベント情報(合計約500件)が表示されるほか、飲食店などのクーポン(合計約40件)を選ぶとその情報がスマートフォンアプリに配信され、実際に店舗で使うことができる。アプリのユーザーインターフェース(UI)などはDeNAが開発しているだけあって、スワイプ操作による情報の切り替えや選択もストレスなくこなすことができた。


走行中にはタブレットに周辺のイベントや観光情報が表示される

スマートフォンにクーポンをダウンロードすることも可能だ

 そして、目的地のワールドポーターズに到着。筆者を降ろすと車両は次の目的地へと向かっていった。今回は約10分ほどの乗車だったが、自動運転でも一般道を問題なく走行できると感じた。また、走行地点にあわせてタブレットに表示される周辺情報やレストラン情報も豊富で、観光客などには喜ばれそうだ。今後は、タブレットから飲食店やレジャー施設の混雑状況を確認してそのまま予約したり、画面に触れず音声だけで操作したりできるようになると、より活用の幅が広がりそうだ。

 両社はこの実証実験終了後に、無人運転環境でのサービスの検討や運行ルートの拡充、有人車両との混合交通下での最適な車両配備ロジックや乗降フローの確立、訪日外国人旅行者向けの多言語化対応などを進め、限定された環境でのサービスを経て、2020年代早期の本格的なサービス提供を目指すとしている。


Easy Rideの車両の前面

側面

背面には「自動走行 公道実証実験中」の文字

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]